基本的にホームページはウェブサイト型です。ウェブサイト型とは固定された内容が記載されているトップページがあり、そのトップページを頂点に各カテゴリーが下の階層にありピラミッドのように構築されています。一般的な企業のホームページはこのウェブサイト型をとっています。

一方で常に新着記事が先頭に表示されているブログ型のホームページもあります。このブログ型ホームページは個人ブログ、例えばアメブロやFC2ブログなど無料で提供されるブログに多いです。またWordPressも元はブログ型ホームページを想定されて作られています。

今日はこのウェブサイト型とブログ型どちらにするべきかを考えたいと思います。

結論から言うと、どのような趣旨のホームページにするかでどちらを選択するか決まると思います。例えば、日常的に新しい情報を提供していくならばブログ型が良いでしょう。様々な話題があればカテゴリーで分類したり、タグをつけたりすることでユーザーが目的の情報をソートして個々の記事を検索することができます。しかしブログ型は情報の整理がサイト型に比べてわかりにくいというデメリットがあります。

もし企業や個人事業のホームページを制作するならウェブサイト型がよいでしょう。それほど情報の更新をしないので、きちんと情報を整理して分類することができます。そのためどこに何が書いてあるか一目でわかりやすい構造を作りやすいです。ユーザーも知りたい情報を即座に選択できるというメリットがあります。

まずは自分がどのようなホームページを作りたいのかよく考えてからサイト型かブログ型にするか決めないといけませんね。後から変更するにはリダイレクトというURLの引っ越しをしなければならないので大変ですよ。